今すぐ開催可能な講習会ラインアップ


テーマ 概要 時間


商店街活性化への道の歩き方

(対象;全体、商店街)

商店街活性化とは、長期低迷路線から繁昌路線へ軌道を変えること。商店街、各個店の現状ありのままからスタート、業績を好転させながら軌道を転換していきます。どこの街でも、どんな店でもその気になれば明日から始められるのが当社が推進する「活性化への道」です。既に各地で採用され、繁盛店が続出している手法です。

 3


商店街活性化の論理と戦略

(対象;全体・商業者)

商店街活性化はなぜ、誰にとって必要か、どうすれば成功するか、誰が何をなすべきか等々、「問題としての商店街活性化」の基本を共有し直し、現有能力を活用、向上させながら活性化を着実に実現するシナリオを提案します。特に「個店売場」と「賑わう商店街」の関係を理解し、繁盛店づくりから始まる商店街活性化の実現を説明します。

 3

商店街活性化への5つの階段

(対象:全体・商業者)

商店街活性化。5年間の段階的取組で「ショッピングゾーン」として広域商圏に揺るぎない存在価値を構築します。年々、無理なく確実に集積の魅力が高まり、顧客が増えるステップアップを実現しましょう。 能力の向上と顧客の増加が日々確認出来る夢のある取組です。

 3


中心市街地活性化への道

(対象:全体)

中活法における中心市街地とは都市中心部・商業街区のこと。活性化とは激変した環境で商店街がショッピングゾーンとして再起すること。そのカギは既存個店の繁盛実現。タウンマネジメントを駆使した取組のあり方を共有します。「数値目標:通行量の増大」を着実に達
(対象:全体) 成する方法も!

 3

キラリ輝く繁盛店づくり(*)

(対象:商業者・TMO)

繁昌する個店が街の活性化を牽引する!
繁盛実現への切り札【見える化】とは売場がどう変わることか? お金を掛けず、半年間の取組で昨対比10%アップ越えが蔟出する繁盛店づくり。業種業態不問、販促や店舗改装などの投資一切無し。誰でもこうすれば繁盛出来る、究極の方法を採用しましょう。

 3

域内所得循環の再構築と地場商業の役割

(対象:行政・TMO・他)


循環とは、地元の商店で消費財の購入に使われたお金が地元の所得として域内を環流すること。実現すると再投資が可能になり,地元を流通するお金が増えます。経済成長の実現です。チェーン店から地場小売店へ「買物の場」を置き換えるのが商店街活性化の目的です。実現するには地場小売業の大転換が不可欠、その方法を提案します。

 3

持続可能な都市経営と商店街の活性化

(対象:行政・TMO・他)


都市が持続するには再投資が不可欠です。その原資をどう確保し続けるか? 多角的な取組が必要ですが、喫緊の課題は消費支出がチェーン店経由で本部所在地へ流出すること。いくら稼いでも召し上げられてしまいます。地場小売店が集積する商店街活性化の究極の目的は消費に変わったお金を地元所得に環流すること。

 3

推進体制の再構築

(対象:行政・協議会・他)


行政主導、主役は商業者、マネジメントはTMO という【中活法】が提唱する推進体制は崩壊寸前です。行政と活性化協議会は、「活性化の論理と戦略」を共有して体制の立て直し、段階的に活性化を実現していくシナリオの制作が急務。シナリオ作りの過程で「理論と技術の共有」を実現することが成功への秘訣です。

 3

タウンマネジメント入門法

(対象:TMO・商店街執行部)


タウンマネジメントとは、「商業集積としての再構築」のこと。「中活法」のスキームにおけるタウンマネジメントとはどのような仕組みで何を実現しようとするのか。どうすればうまく活用出来るのか、「目標数値・通行量の増大」の達成で街に賑わいを創出するにはマネジメントが不可欠。


 3
*「キラリ輝く繁昌店づくり」は、オプションで希望される個店における実務展示を受託します。

※ 「まちづくり三法」改正後のスキームに対応した内容です。
※ 講義は当社が開発したオリジナル、他に類似内容の講習をするところはありません。
※ 各テーマとも、御地の実状に即したカスタマイズが出来ます。
※ 以上の定型講習会以外にも御地の問題状況に対応する内容の講習会を承ります。

近年実施した講習会等のテーマ一覧。


講習会についての当社の考え  受 託 要 領





料金規程

講演や指導等の料金についてはコチラをご覧ください。









(有)クオールエイド 
〒843-0022佐賀県武雄市武雄町大字武雄5598
TEL0954-20-1170/FAX0954-20-1141
お問い合わせ