1.商店街・中心市街地活性化に関する支援


タウンマネジメントの支援


中心市街地活性化のスキームでは、商店街活性化は“維持に支障が生じている商店街を商業集積として再構築すること“です。(中企庁)『TMOマニュアル』参照)』
自然成長的に現在の状況に至っている商店街を持続可能な商業集積として再構築するためには、転換のための計画を作り、計画を推進しながら必要な能力を獲得して行く取組が必要です。当社は計画作成段階から転換のための作業プロセスの支援、統制まで一部始終を支援する能力を持っています。


1.計画作成プロセス
(1)上位計画、関連計画、問題状況と整合性を持った計画を作ることが課題。
  独自に開発した商業理論に基づいて実効性・実現性を持つ計画づくりを支援します。
(2)推進体制を今トロースするための『目標』を適切に設定し、一体的な取組の実現を目  指します。
(3)計画作成過程を通じて専門用語の共有、実施過程が円滑になるよう意思の疎通を図り  ます。
(4)計画作成過程を通じて、計画推進に必要な関係者の能力向上を実現します。

2.実施・統制プロセス
(1)計画された各種事業の実施過程の指導支援
(2)必要な技術・知識の提供、関係者の能力向上の支援

3,評価過程
(1)計画の結節点では、次の段階へ進むために不可欠な各種事業の終了後の総括を支援
(2)総括を通じて次の段階への移行に必要な能力の確保など、課題を明らかにして解決手  法を提案します。

 ※当社の特徴は、独自に開発した「商業理論」を持っていることです。
  モール(郊外型商業)とネット(通信販売)の挟み撃ちを受けている商店街が商業集積都  市として生き残る道は限られています。当社はその道を地元商業者の皆さんの自助努  力を中心とした取組で切り開いてく方向と方法を提供することが出来ます。
 

商店街活性化への5つの階段

   

『商店街活性化への5つの階段』

 商店街活性化とは、商業集積としての機能が弱まっており、従来の販売促進事業では成果を挙げることが難しくなっている商店街が適切な事業に取り組むことにより、商業集積としての「持続可能性」を取り戻すことです。
 そのためにはどのような取組が必要でしょうか?

 当社は、活性化への道として「キラリ輝く繁盛店づくり」を提唱し、全国有志の皆さんと取り組んで参りました。
まず、商店街の有志個店が手を挙げて「キラリ輝く繁盛店づくり」に取組み街ぐるみ活性化の方向と方法として間違いないことを確認、成果を踏まえて商店街―中心市街地に点から線、線から面へ波及させる、というものです。
取組として正しいのですが、実際の取組として「点〜線〜面」の拡がりをどう実現して行くのか、という課題については、これまでケースバイケースとして具体的な取組を支援して来ました。
 しかし、この方法では「年度を越えて事業を継続する」ことが不可欠な取組に不自由を来すことが明らかになって来ました。
ご承知のとおり、地方自治体の事業は今年度12月までに次年度の事業計画を作成することになります。
「商店街活性化・点から線への展開」も例外ではありません。
今年度の事業に取り組む中で次年度事業の準備を進めることになります。

一見難しそうですが、しかし、考えてみれば各種事業の成果を積み上げてはじめて活性化が実現するわけですから、今年度の成果の上に組み立てる次年度事業について,今年度の事業のなかで仕込んで行くというのは当然のことですね。
今までそういう仕組みになっていなかったのが不思議なくらいです。

 当社の新しい提案は、商店街の現状「見てのとおり」からスタートして、活性化を実現する「新しい軌道」を作り、段階的・漸進的に移行していく取組を「5つの階段」に区分、概ね5年間の取組で商店街を「新・繁盛軌道」に乗せようというものです。
名づけて「商店街活性化への5つの階段」。

 

年 度

            

主 要 な 実 施 事 項

                     
 

初年度

 

商店街有志による「キラリ輝く繁盛店づくり(以下「キラリ」)」 へのチャレンジ。
商店街立地の個店の繁盛可能性を実証する。(10店舗程度)

 

2年度

 

「キラリ」の取組を商店街の「2割以上」の店舗に拡大、繁盛を実現する。併せて消費購買客に対する多角的な働きかけなど、 得意客づくり・人材育成

 

3年度

 

商店街5割以上の店舗がキラリ実践に参加し繁盛実現。
商店街活性化ロードマップ(ソフト・ハードの事業計画の作成 ・見直し)、
推進体制(自治体・商工団体・商店街・TMO)再構築 ・人材育成

 

4年度

 

各種事業の試行・改善、組織・計画等の改善 キラリの拡大
(キラリ全面展開・人材育成・空地空店舗活用・コミュニティ協働)

 

5年度

 

全面展開(商業集積としての再構築の本格展開,タウンマネジメント 発動)


 商店街活性化のこれがあるべき取組の一例です。
こうして見ると、これまでの一過性・商店街に不足しているソフト・ハードのあれこれを付け加えてきた取組の不十分さが実感されます。
従来の取組が商店街に不足しているモノを加えてお客を集める、という販売促進事業主体であったのに対して,新しい取組は目標を定め、段階的に事業を企画し、成果を積み上げて「活性化軌道」に乗る、即ち商店街の全体が変わっていくことを目指します。

 『商店街活性化への5つの階段』は、既に活性化実現の方向と方法として複数の都市・商店街で採用されており、早いところは既に第2段階に挑戦中、次年度は後に続く商店街・都市が多数でることが確実です。

 国は、新しい地方活性化の方向として『地方創生』を掲げました。
地方創生とは何か? 
われわれは、地方活性化=都市の生活の場としての持続可能性を再構築することだと考えます。第一に取り組むことは、域内各種産業の活性化、そして「域内資金循環の再構築」・域内で稼いだお金が域内を循環し、新しいお金の流れの源流を作ることです。
市外資本のチェーン店から消費購買行動を奪還することが課題であり、商店街を活性化せずに資金循環を作り出すことは出来ません。
都市にとって商店街活性化がこれまでに無く重要な課題となっている今日、商店街活性化実現の確かな選択肢として「商店街活性化への5つの階段」を提唱出来ることは、われわれにとってまたとない社会貢献の機会として普及に微力を尽くす覚悟です。

 最後になりましたが、「5つの階段」の創出に協働いただいた全国のキラリ実践者各位の取組に心から感謝と敬意を表し、今後とも末長く実りある協働を進められることを切望してやみません。


「キラリ輝く繁盛店づくり」の支援


@「キラリ輝く繁盛店づくり事業」の受託

〇グループによる取組
goo.gl/U61AYU
〇試行版
goo.gl/QiG6p8

A上記の取組を通じて御地の担当者のスキルアップを実施し舞う。



商店街診断等

   

@動的商店街診断
商店街が活性化実現に向かうために必要な商店街の実情の分析把握及び活性化実現への軌道の乗るためにクリアすべき課題の摘出と解決策の提案
A各種計画の診断
中心市街地活性化基本計画、商店街活性化計画等の診断





※診断とは、当該計画の上位目的。目標との整合性、既有能力との整合性を評価し、目的実現に向けて解決すべき課題を摘出し、解決の方向と方法を提案すること




(有)クオールエイド 
〒843-0022佐賀県武雄市武雄町大字武雄5598
TEL0954-20-1170/FAX0954-20-1141
お問い合わせ
Copyright (c) 2015 (有)クオールエイド