ホーム資料庫経営フォーラム 保存版


経営フォーラム  2002年保存版  

K031■ラグジュアリィ

投稿時間:2002/12/10(Tue) 08:35
投稿者名:takeo
タイトル:
ラグジュアリィ
 当サイトにいつもおいでいただいている皆さんには、おなじみの言葉ですが、一般にはそれほど使われていません。最近たまに見かけるのは、スーパーブランドのキャッチコピーなどに限られています。しかし、ひょっとしたらこれからだんだん増えてくるかも知れません。何しろ、堪能、吟味など「死語」がこのところにわかに復活していますからね、時節というのは面白い。これまでのところ、ラグジュアリィを当社と同じ意味で使用している例は、私が知る限りありません。当社が独自の意味に限定して使っていることを承知しておいてください。
 ラグジュアリィ=贅沢を高額アイテムと理解される人は少ないと思いますが、あらためて少し説明しておきます。

1.意 味
  「贅沢」。@実用品のうち、その人の好みが基準で選ばれているもの
A日常の生活のなかで自分の好みで「編集」し作りあげる分野・局面。
  そこで用いられるアイテムは、好み、局面(シーン)全体の調和を基準に丁寧に吟味して入手される。 

 かっては食べ物で好き嫌いがあると「贅沢を言うな」といわれたりしたものですが、これは「空腹を満たす」という必需に「自分の好み」を取り入れようとした、ホントに「贅沢」でした。今や当たり前のことですが、当時は選択の余地が有りませんでしたから、贅沢は叱られるのがオチでした。今ではそれとは知らず誰もが毎日贅沢三昧です。
 どうせ贅沢するのなら、生活全体を意識的に自分の好みを基準に編集してみませんか、というのがラグジュアリィのビジネスチャンスです。
投稿時間:2002/12/15(Sun) 19:07
投稿者名:takeo
タイトル:
Re: ラグジュアリィ
>  ラグジュアリィ=贅沢を高額アイテムと理解される人は少ないと思いますが、あらためて少し説明しておきます。

 例えば、ネスレが出しているインスタントコーヒーにネスカフェゴールドブレンドがありますね。50gと100gの2種類あります。今日スーパーマーケットでチェックしたら、50g=438円、100g=498円でした。100gの方は売り出しでは300円台になるらしい。もちろんその時、50gの方は安くならない。

 コーヒー好きな人はインスタント卒業しているかと言えばそうでもありません。たまにはインスタントもいいものです。そういうときのために買うならゴールドブレンドあるいは別メーカーの類似ラインということになるでしょう。さて、100gが売り出し価格で提供されているとき、日ごろ50gを愛用している「違いの分かる(w」客相は、果たして100gを買うだろうか、ということです。簡単なことですが、こだわり、ラグジュアリィの基本はここにあります。

 あるいは、柿を買いに行ったとする。特価1ヶ100円の柿と「甘〜い!」POPが付けられた150円の柿が並んでいたとする。あなたはどちらを買いますか? 
 こうしてみると、アイテムは購買目的によって選択される、目的によっては値段は重要な因子ではない、ということが理解されます。

もちろん、我々が追求するラグジュアリィは、生活局面を全体として自分の好みで作りあげる、「情景」演出・堪能を目的にしていますが、上記2例はそれぞれ堪能という意味では同じこと、ラグジュアリィ、こだわりとはそんなに特別・意外なことではない、という例証です。

デフレ傾向の定着で全てが低価格路線、節約ムード一色のように思われていますが、けしてそうではありません。むしろこういう傾向が強まるにつれて毎日の生活のなかでのラグジュアリィの大切さが強まってくると思います。


Copyright (C) 2004 (有)クオールエイド  All Rights Reserved