商店街・起死回生
このフォームからは投稿できません。
name
e-mail
url
subject
comment

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

記事No : 4048
タイトル 通り景観と売れない売り場
投稿日: 2018/03/04(Sun) 21:58:01
投稿者takeo

「売れない売り場」が商店街のショッピングの場としての景観を
陳腐化します。

「商店街=割れガラス理論」
以下、ブログから引用
**************************************************
ご存じですよね。
1.ガラスが割れているのを放置する
2.次に割れても放置する
3.そういうレベルの場所だとイメージされる
4.ゴミなどの不法投棄
5.小さな違法行為が増える
6.人の行き来が少なくなる
7.犯罪が起きやすい場所に
という様に環境が悪化していく。

商店街の場合:
その1
1.通りの通行量が減った
2.自店を目立たせたい
3.のぼり、看板を立てる
4.隣の店の視認性が悪くなる
5.こちらものぼり、看板を設置する
7.のぼり、看板ばかりが目立って店舗・売り場は見えなくなる
8.通りの景観は『ショッピングの場』では無くなる
9.お客は街を敬遠する

その2,
1.お客が減った
2.何とかお客を確保したい
3.入ってこないなら店頭に出そう
4.ワゴンやハンガーラックが店頭常駐
5.隣の店へのアクせずが悪くなる
6.隣もワゴン、ラックを出す
7,通り中が低価格訴求のワゴン、ラックだらけ
8.通りの景観は『ショッピングの場』では無くなる
9.お客は街を敬遠する

結論を言えば、「増収したい」という問題に対して、間違った行動を
取ったことが傷口を大きくしています。
しかし、本人は「問題を解決するための行動」だったので、間違った
ことをした、というb自覚はありません。
問題への間違った対応が知らず知らずのうちに街、個店を売れない
商店街、売れない売り場にしています。

どうしたら変わることが出来るか?
申し合わせや勉強会では難しい。

短期集中、徹底してなおしたければプロの指導支援を受けるべき
ですが・・・。


- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
合い言葉 ※必須
えいど
Eメール
subject 入力禁止
Title 入力禁止
Theme 入力禁止
タイトル
URL 入力禁止
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
メッセージには上記と同じURLを書き込まないで下さい
削除キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 削除キー