[リストへもどる]
一括表示
タイトル商店街活性化基盤整備事業
記事No3992
投稿日: 2017/04/24(Mon) 09:25:06
投稿者takeo
 商店街活性化、40年以上にわたって取り組まれていますが、埒が
明きません。取組の抜本的な転換をめざさないと。

 といっても、誰かが提案しないことには始まらない。
まだか商店街の中から抜本改革案が出てくことはあり得ない。

 我々が長年提唱してきた『キラリ』を商店街活性化基盤整備事業
として提案することにしました。

タイトル活性化事業の受け皿
記事No3993
投稿日: 2017/05/10(Wed) 08:47:26
投稿者takeo
活性化事業の前提とされているのは、
〈個店の売り場には特に問題は無い〉
と言うこと。

店前通行量を増やせば街は活性下する、と言われるのは
「通行量が増えると入店客が増える」
という仮説があります。
すなわち、各個店の売り場が売れないのは、通行量が少ないから。
通行量が増えれば入店客が増え、個店は繁盛する
活性化事業の基礎にはこの仮説が措かれています。

果たしてこの仮説は現実にマッチしているでしょうか?

通行量が入店客に変わるには個店売場の魅力を通りに向かって
アピールしなければならない。
各個店のファサードはアピールを意識して作られているでしょうか?