[リストへもどる]
一括表示
タイトルどこへ行く中心市街地活性化
記事No3157
投稿日: 2017/08/16(Wed) 12:18:07
投稿者takeo
 何度も取り上げていますが、昨年7月、総務省はb中心市街地
活性化基本計画についての行政評価監視報告で、27年度に計画
期間を完了した44都市の計画―実施結果についてレビューし、
全ての計画が目標未達、活性化の成果無し、という厳しい評価を
下しました。総務大臣は、原因の解明と対応策を要望しています。

 以来、1年を経過しましたが、ネットで見る限り「原因と対策」
について議論が行われている様子はありません。
経済産業省―中企庁で取り組まれている「商店街政策の新たな
在り方検討会」の議事録、中間まとめにも基本計画の現状と課題
についての言及はありません。

 特に問題は、「経済活力の向上」について。
その実現を目指す数値目標として掲げられているのが「通行量の
増大」ですが、ほとんどの基本計画が目標を達成しておらず、一部
達成している計画でも担当者が所感で「活性化しているとは評価
出来ない、と述懐しています。

 経済活力の向上=中心市街地所在の商業・商店街の活性化です
から、商店街の活性化についてはほとんど成果が挙がっておらず、
その原因の探求、対応策の検討も行われていないということです。

 地場小売業多数が立地する中心市街地―商店街が活性化出来ない
ということは、域内資金循環が細るばかり、いくら他の面で所得を
高めても域内循環は実現出来な、と言うことを意味します。
「地方創生」の一丁目一番地が機能しない、ということです。

 総務省のレビュー発表から一年、これまでの取組の総括と新しい
取組の構想は皆無という状況ですが、ここから何をなすべきか?

から、

タイトル商店街政策検討会
記事No3158
投稿日: 2017/08/25(Fri) 11:54:03
投稿者takeo
 中企庁で取り組まれていますね。
スタート時点での担当部長の挨拶では極めて真摯な問題意識が開陳
され期待させるものがありましたが、【中間まとめ(案)】を見る
限り、残念な提案になるようです。

 そもそも「これまでの取り組みは何故成果を挙げられなかったか?】
という総括が行われていない。
総括抜きで効果的な政策を打ち出すことが出来るか?
出来ないと思いますね。

 委員各位にはこれまで自分が関わってきた各種事業の反省を踏ま
えた発言、提案をしてもらわないと、主宰者の趣旨を体することが
出来ないのでは無いか。
これまでの検討会の議事録、まとめを見る限り、【反省の弁】は
まったくありません。
これは本当におかしな話。

これまでの低迷から脱却する政策を提案するなら、その提案の
内容は、当然、これまでの政策の不備・不足を指摘し、それを改善
する内容であることが求められますが、残念ながら委員さんたちの
発言には【反省】が感じられない。

 「中間まとめ」を見る限り、総務省レビューで要請されている
【原因究明と対応】にはほど遠い出来映えになりそうです。
最終提言が公表されたらあらためて批評します。