[リストへもどる]
一括表示
タイトル業務委託の事情
記事No3156
投稿日: 2017/08/10(Thu) 13:53:57
投稿者takeo
 中心市街地活性化では、事前調査、計画作成、実施段階と各段階で
業務委託が行われます。
きちんとして仕様書が作られていることもあればほとんど何もない
ケースもある。

 いずれも、コンペティションを開催して決定されるのが通常
ですが、深刻な問題があります。

 発注側が業務を事業およびそのスキームを熟知しておらず、
一応「専門家」を見なされる受注側の「いいなり」になること。
一度委託を決定するとb、不都合は選定側の落ち度となるため、
受注者の能力不適などは隠蔽される。

結果、計画は完成、事業は粛々と進められるが,成果はまったく
挙がらない。
という結果が続々と現れる。
昨年のこの時期、総務省が公表した中心市街地活性化基本計画の
行政評価監視報告を見れば一目瞭然、目的目標を達成した基本計画は
一都市も無かった、ということです。

このことは何を意味しているのか?
分析した人はいないようですね。